野菜とごはん*fika
HOME LUNCH THERAPY SWEETS DRINK ACCESS
 

☆枇杷の葉温熱療法☆ワンコイン体験実施中☆10分程度500円也。

fika店内にておこないます☆ご都合の良い日・時間をお伝えください。

  fika店内や通信販売にて、愛を込めて作成したびわエキス等、温灸器やびわ商品の販売おこなっております。

販売はこちら→ネットショップbiwanohayaまで。

びわ療法はご家庭でも病院でも、どこでもどなたでもできます。

びわ療法についてのご相談、その他の相談も受け付けております。お気軽にご連絡ください。

TEL→090-4491-3868 MAIL→biwanohaya6@gmail.com びわの葉家 店主 吉岡まで

〜びわの葉温熱療法とは〜

古くから伝わる自然療法の中の一つで、
人間が本来持っている自然治癒力(生命力)を高め、
抗がん、鎮痛、血液浄化などのすぐれた作用があり、
【副作用のない安心な自然療法・民間療法】です。

ビワ(枇杷)はバラ科の植物で、寒い冬に花をつけ、一年中その葉に緑をたくわえ、生命力旺盛で、その緑の葉は枇杷葉湯として飲むなど、昔から健康維持のために活用されてきました。

ビワの葉の成分は、ブドウ糖・蔗糖・果糖・マルトース
でんぷん・デキストリン・酒石酸・クエン酸・リンゴ酸
アミグダリン・タンニン・サポニンなどです

●抗がん、鎮痛作用●  

びわの葉やびわの種にはアミグダリンというビタミンB17が含まれており、【がん細胞を健康な細胞にしてくれる】ほどの力があります。アミグダリンが体内で分解されてできる安息香酸は【末期がんの痛みを和らげたり】、神経痛や捻挫の痛みなどに効果を発揮するそうです。殺菌、血液浄化の作用もあり特に婦人科系や呼吸器系にも効果が期待されます。

●基礎体温アップ、免疫力倍増●

びわの葉療法を続ければ、基礎体温が上がります。
体温が1度上がれば、【免疫力は倍近く】になります。

●柔らかな温かさでリラックス効果抜群●

遠赤外線のユーフォリア温灸器を使い、優しい温かさで体を芯から温めます。【途中で眠ってしまう程】リラックス効果抜群です。びわの薬効は、びわエキスが蒸気化して皮膚から浸透されます。

ユーフォリア温灸器は、医師、鍼灸師、指圧師などプロの治療家の皆様からも「ビワの葉温灸器の定番」として高い評価を頂いております。医療機器認証番号:220AGBZX00217A01

 

●自然療法の好転反応●

自然療法を始めると、詰まっていた神経が働き出し栄養も回り出し、細胞に活力が出て、体の底から力が湧いてきます。しかし、たいていは一時的に色々な症状が現れ、再び体調が悪化したように見えます。

これは自然療法で血液が浄化され体内にたまっていた毒素や老廃物が流れ出し、【体内の大掃除が始まった事】を示しています。これが好転反応ですが、人によっては全く症状が出ない人もいます。この好転反応を何度か繰り返し徐々に全身が浄化され、体質改善がすすんでいきます。

   

◆自律神経系や内分泌系のバランスを調整し、
冷え・アトピー性皮膚炎・リウマチ・肩こり・中耳炎
花粉症・胃炎・眼精疲労・生理痛・腰痛・不妊症
糖尿病・高血圧・肝臓病・腎臓病に効果が期待されます。





〜「びわの葉温熱療法」のすすめ〜

私は約10年間介護士として働いていましたが、不規則な生活や偏った食事、
ストレスにより体調を崩してしまい 体調・体質を改善する為に様々な治療法を調べていました。

その時に、「びわの葉温熱療法」を知り、初めは半信半疑でしたが、

妻の勧めで神戸にある【びわの葉庵】へ体験に行きました。

そこで「びわの葉温熱療法」を体験した私は
温熱の温かさとびわの持つエネルギーに心も身体も癒されました。
「びわの葉温熱療法」に魅了され、驚嘆した私は
そのまま「びわの葉温熱療法」の道に進むことを決断したのでした。

私には娘がいるのですが、彼女は産まれた時から
アトピー性皮膚炎に悩まされていました。
症状は、顔をはじめ手首や肘の内側、胸、腋の横、ひざの裏など
ほとんど全身に出ていました。
   

皮膚科で処方されたステロイド剤は、塗ると一時的に症状は改善しますが、
すぐに悪化をするという繰り返しでした。その他にも食事療法や様々な化粧水や
ホメオパシー等を試しましたが改善には繋がりませんでした。

しかし、彼女に「びわの葉温熱療法」を試したところ、大幅に肌の改善がみられました。
毎晩、もしくは2日に1回のペースで寝る前に全身に行い、 2カ月が経つ頃には
“つるつる”と赤ちゃんのような肌になっていました。
錠剤タイプのビワの種を併せて摂ったことも奏功したように思います。

彼女は産まれた時からのかゆみによる痛みや不眠、
ステロイド治療など様々な苦痛、ストレスから解放されました。
   

今現在、冬の時季になると時々搔いている姿は見ますが、
肌は荒れていないので一般的な乾燥肌と同レベルという感じです。


私が実感する枇杷の葉療法の優れた点は
【痛みを取り除く】という事と【血液をキレイにする】という事です。
   

私自身も介護士時代は全身のアトピー性皮膚炎で蛇の様な肌で、
ステロイドと痒みに苦しみましたが、食事療法・ストレスの軽減
びわの葉温熱療法により、現在は一般的なつるつるとした肌を保てています。          

    

痛みを鎮め、自然治癒力を高める、リラックス効果抜群の
☆びわの葉温熱療法☆ 様々な症状の改善に効果が期待されます。

    

●利尿作用や痰切効果が期待される
☆びわの葉茶☆

●火傷や痛みに自家製の無農薬・無添加の
☆びわの葉エキス☆

●肝機能UPや花粉症の改善・抗がん作用に
☆びわの種☆

●冷え症の改善や美肌効果が期待される
☆びわの入浴剤☆

          

☆びわの持つパワー【生命力】を皆様に感じていただきたいです☆

        

 

       


        

症状が改善され、体調が良くなられ、ご健康を取り戻されていく姿を拝見させて頂ける事は大変嬉しく、私の喜びとなっております。

    

今後も枇杷の葉療法が、皆さまのご健康のお役にたつことを願っております。

 

びわの葉家 店主 【びわの葉温熱療法普及会認定指導員】 吉岡 悠

 

お客様の体験談

  

70代女性 N様  難聴・中耳炎・肩こり・冷え(H26.1)

両耳の難聴に悩まれ、びわ体験に来られる。病院では加齢と中耳炎と言われ、鼓膜を切開してチューブを入れており水を定期的に抜いている。「りんご、小松菜、キウイのジュースを飲んだり、青汁を飲んでおり、耳モミや腎にカイロを貼ったり、毒素を吸い出す吸引に行っている。お寺やレイキやオーラは信じないがびわは信じている。8回ぐらいしたら治るかな?吸引している友達は耳が治った」と話される。びわの湯での入浴を気に入られ【びわの葉温熱の回数】週に2回、途中から月2回で半年間通われる。整体と鍼もおすすめし、両方共に通われ、「耳が聞こえるようになってきた」との事でびわ温熱は終了される。

  

30代女性 Y様  月経不順から妊娠(H26.8)

月経不順で悩まれ、(月経2か月以上止まっていた)妊活をするためにびわ体験に来られ、体験した次の日に月経が始まり驚かれていました。その後は約1か月ごとに月経が来るようになり、ご自分の経血が綺麗なことに驚かれていました。悩まされていた頭痛もかなり回数が減り、ひどいときは10個以上もあった口内炎もすべてなくなり体調が良くなられ、約3か月後に妊娠されました。大変喜ばれていました。食事に関して、甘いものやお菓子が好きな方でしたが、ストレスのない程度に控えていただき、びわエキスでうがい、びわの湯での入浴をオススメし温活をして頂きました。【びわの葉温熱の回数】最初は週に1~2回から始められ、週に1回来られていました。

  

50代女性 K様  腰痛の軽減に(H26.1)

原因不明の腰痛でひどい痛みに耐えられず、びわの葉温熱を体験される。腰まわりとお腹、臀部に集中的に当てる。終わってからしばらくして痛みが引いていた事に「こんなにすぐに効果が出るんだな」と驚かれていました。この方の【びわの葉温熱の体験】は1日体験のみでした。

      

30代女性 A様  線維筋痛症で寝たきり(H26.1)

     

全身の流動的な痛みと疲労感に悩まされ、ホルモン治療やステロイド服用歴もあり、モルヒネも使用したり、鍼治療を1年受けられて改善が見られず、徐々に症状が悪化し動けなくなってきたとの事で、ご自宅に訪問させていただき、びわ温熱を体験される。体験後は反応が良く、頭と目がすっきりする。とベッドから起き上がる事が出来なかったのが、すっと起き上がられ、驚かれていました。すぐにびわ温灸器ユーフォリア・Qをご購入されご自宅で使用され、喜ばれていました。【びわの葉温熱の体験】は1回のみ

          

60代女性 H様  原因不明の癌(H26.10)

病院では血液・リンパに異常はないが、原因不明のガンで原発巣も不明、肝臓・骨に転移しており、治療法がないとさじをなげられ余命宣告もされたが、1日でも長く元気に過ごしたいとの思いで、ネットで色々と探され、びわ療法にたどりついたそうです。枇杷の葉温熱を体験され、毎日びわ茶を飲んで、ビワ入浴剤も使用、ご自宅で枇杷の葉こんにゃく温湿布をされ、びわ温灸器ユーフォリア・Qをご購入され1日おきに交互に行って、「35.0台だった体温も36.0台になり、体調は良いので今後も自宅で枇杷の葉療法を続けていきます」とおっしゃられた笑顔の素敵なご婦人でした。【びわの葉温熱の体験】は4回。

          

      

その他、様々な症状の700件を越える改善例があります→ビワと健康参考になさってください。

             

80代女性 M様  膵臓癌手術後の痛みに(H27.5)

抗がん剤、放射線、膵臓を手術で半分切除され、その後の胃・両脇・背中・膝の痛みに悩まれ「癌細胞はゼロで転移は今のところないが、再発率が高く、新しい抗がん剤も効くか効かないか10%程度と言われやめた。入院中は放射線の副作用で胃潰瘍になって胃潰瘍の薬飲んでいたが効かず、痛み止めを飲んでいたがしんどくなり、自宅に帰ってきてからは飲まないようにしている、アメリカに住んでいる娘に聞いたら、アメリカでも温灸でガンが消えたという話がある」。と話され、枇杷の葉温熱を体験される。びわエキスを購入され、「背中の痛みがあるところにびわエキスを塗っているとしらんまに痛みが消えている、ご飯を食べた後の痛みも減ってありがたい」とびわ茶も購入され、ビワ入浴剤も使用、「とても身体が温まっていいわ~」と喜ばれていました。手術後半年後のCTを撮られた後は症状が良くなられたのか、通われることはなかったです。【びわの葉温熱の体験】は6回。

          

      

60代女性 A様  両膝の痛みに(H27.7)

右肺を三分の一手術で切って、その後、喘息で息切れあり。サメの肝油や乳酸菌を飲んでいる。腰痛・膝痛・股関節痛で悩まれ、膝は軟骨が減っている。鍼は首に、整体は股関節にと分けて施術に通っている。枇杷の葉温熱を体験され、温かくて気持ち良く、帰りの階段がスッスッと降りることができて「すごい」と驚かれていました。2回目は「夜の痛みのうずきがマシだった」3回目には、「内側の痛みはまだあるが、ひざ裏のツッパリが無くなり調子は良い」と喜ばれていました。【びわの葉温熱の体験】は3回。

          

HOME LUNCH THERAPY SWEETS DRINK ACCESS
copyright ©2013 野菜とごはん*fika All Rights Reserved.